« ハーネスの作成・・アース線 | トップページ

フロントフォークの仕掛けと現状。

 フロントフォークのOILが抜けているので入れてみたのでがどうもその量が分からない・・200cc程度か?(多分それぐらいだろう、なんとなく)

そんな私に天の恵みか?フォークをバラシテ良く観察すると・・・

フォーク先端にあるCRの刻印と言う事はCRの諸元表を見れば分かると言う事だが・・・・・・。

残念ながらCRもOIL量は不明であったが57年から59年度の販売期にあって同じもの(フォーク)を使っていたのは解った。

130622_193635 

当たり前だがどこも終末的車両には資料が少ない。

そしてこのフォークの反対(地面側)の端にある特殊6角ナットの元にある緩み止め。

130622_193740 

画像で分かる様にニャッとしてしまう造り、洒落だろうか?

その方側2枚の座金はQにしか見えないがこれはQR車両全ての特徴だろうか?

御大の車両はどうなっているのだろうか?

130622_193804 

左のこの部位に座金を2枚いれて長い6角ナットで止めるのです。

130623_151926 雰囲気的にと言うか現状は画像通りですが大体もう高い買いものはせんでもいいと思う。

以前絵で表したものにかなり近づいてきた。

アトはコマゴマした部分や配線をし直してウインカーリレーだのなんだのを組んでいけばいい。

130623_151957さんざん探してなかったがロケットウインカーも安く入手出来た。

左右のカバーはFRPで作り倒しを浴びせたがまだ仕上げには至らない(塗装して奇麗に仕上げるにはかなり時間がかかるだろうが現状をさっそくお世話になったアメリカのMr:Zundapp に報告したいと思っている。

完成と言うまでには未だ未だ時間がかかるだろうが。

因みにフォークの末端部位です。

130621_193853

|

« ハーネスの作成・・アース線 | トップページ

クインロケット200R」カテゴリの記事

コメント

オイルは少しずつ入れて調子を見てはいかがでしょう。

☆バカに短いコメントですね!
多分ですが200cc前後だと思います。
調べたらCRは125ccのバイクですね。
先日もう1度整備資料集見たけどQRの所
のってないんですね、今現在の資料には
分かるものないんで当時の同じ感じの
車両とかから平均的なものを出すしかない
ですね・・・サイズ的にR92ぐらいでもいいのかも。

投稿: 退ユ | 2013年6月27日 (木) 22時43分

短くてすみませんでした、量もそうですが当時は粘度とかは適当にしてたんでしょうか。

☆ すいませんコメントがあるのを全くきがついていませんでした・・・
粘土はどうなんでしょう?なんかとスピンドルとかいうのを混ぜてとよく載ってる気がしますが・・

投稿: 退ユ | 2013年6月29日 (土) 07時40分

粘土は親父様にお任せです、気が付かれないのは慣れています。

夜なべ・・・なんの繋がりかと思ったらわたしの
方で字を間違えてたんですね?
このあいだ言った様に出てくる漢字とそうで
ないのが合ってこれだけ打つにもひとくろう
・・・ひとくろうというかんじがでないんです。
おわかりでしょうかつなげてうつとこんな風に
かんじがでてこず、風というのがなぜでてくるか
ふしぎです・・・たしぎではありません。

投稿: 退ユ | 2013年7月17日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209971/57671362

この記事へのトラックバック一覧です: フロントフォークの仕掛けと現状。:

« ハーネスの作成・・アース線 | トップページ