« 2013年5月 | トップページ

2013年6月

フロントフォークの仕掛けと現状。

 フロントフォークのOILが抜けているので入れてみたのでがどうもその量が分からない・・200cc程度か?(多分それぐらいだろう、なんとなく)

そんな私に天の恵みか?フォークをバラシテ良く観察すると・・・

フォーク先端にあるCRの刻印と言う事はCRの諸元表を見れば分かると言う事だが・・・・・・。

残念ながらCRもOIL量は不明であったが57年から59年度の販売期にあって同じもの(フォーク)を使っていたのは解った。

130622_193635 

当たり前だがどこも終末的車両には資料が少ない。

そしてこのフォークの反対(地面側)の端にある特殊6角ナットの元にある緩み止め。

130622_193740 

画像で分かる様にニャッとしてしまう造り、洒落だろうか?

その方側2枚の座金はQにしか見えないがこれはQR車両全ての特徴だろうか?

御大の車両はどうなっているのだろうか?

130622_193804 

左のこの部位に座金を2枚いれて長い6角ナットで止めるのです。

130623_151926 雰囲気的にと言うか現状は画像通りですが大体もう高い買いものはせんでもいいと思う。

以前絵で表したものにかなり近づいてきた。

アトはコマゴマした部分や配線をし直してウインカーリレーだのなんだのを組んでいけばいい。

130623_151957さんざん探してなかったがロケットウインカーも安く入手出来た。

左右のカバーはFRPで作り倒しを浴びせたがまだ仕上げには至らない(塗装して奇麗に仕上げるにはかなり時間がかかるだろうが現状をさっそくお世話になったアメリカのMr:Zundapp に報告したいと思っている。

完成と言うまでには未だ未だ時間がかかるだろうが。

因みにフォークの末端部位です。

130621_193853

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ