« エンジン振動による心労作業! | トップページ | こうすれば分かります ・チェンジ・話もチェンジ! »

見ても分からんから言われても解らん?

 

これって一体?前回宿題のチェンジ機構の外側部位ですが・・・・・



130209_120703_2 チェンジステップバーと言うんですか?左右にひき割りネジがありましてこのネジは偏心したネジなんですが・・・

このネジが6角ボルトで留められています。

ギヤの入りの確認がイマイチなので以前から不思議に思ってましたがここを緩めて回すとつまりは肉厚の薄い部分と厚い部位とが入れ替わる事が可能なんですが・・・そこで任意の位置で6角ネジを締めて位置決めするんですが・・・・

そうする事でギヤの入りが良くなったり悪くなったり・・・・・
ここで言う良いと言うのは4段まで確認できる、悪いはその逆で2段位までしか入らないと言う事ですが・・・・取り敢えず今は4段まで判断が出来るようになりました、エンジンが動いてるんでだんだん調子よくなっているんだとは思いますが・・・

でも理屈が見ても分からんから解らんのですネ・・・

内部のパウルと言うのですか?以前画像をのせましたが・・・その部位に影響をあたえているんはずなんですが。

002 ここですよね、外側画像とこの画像の間にパウル(斧)が入りましてチェンジの上げ下げでガチャガチャと動くんですが・・・

外部の偏りネジが何にどう影響しているのか解りません?

小型自動車振興会編の技術本に理屈が載っていたはずですがなかなか本まで辿り着けません、今から見てみます。

理解の後に又お伝えしま~す。

|

« エンジン振動による心労作業! | トップページ | こうすれば分かります ・チェンジ・話もチェンジ! »

クインロケット200R」カテゴリの記事

コメント

これがホントのパウルの動く代なのですね。

夜なべ・そうなんですね、きっとこの部品が干渉しあってパウルの動き代を調節してるんだと思います、もう1つよく分からんのがどこのギアに入っていても即座にニュートラルに戻る・・・と言うのが解らんです、イイデス・ワカランデスに改名しましょうか?

投稿: 退会したユーザー | 2013年2月 9日 (土) 23時13分

ロイヤルエンフィールドもそんなレバーが付いてますよね、一蹴りでニュウトラルになると言うレバーが。

夜なべ・QRには外装にその様なレバーは見られません?どこに有っても即座にニュウトラル。
そんな人間に私はなりたい。

投稿: 退会したユーザー | 2013年2月10日 (日) 20時46分

それでは私が行って見ましょうか、見るだけですけど。

いつ行ったらよろしいのでしょうか、私は車の中で寝るので布団の心配はいりません。

夜なべ・もう大丈夫です、本日腫れた親指で又1日作業を行いました、パウルはよくよく見ましたら構造が良く分かりました。

植木の移動・・SLⅢのサイドカバーのパテ面のペーパー60番ガケ・QRのサイドカバーの杉板下地の作成、暗くなってからカレー(パミパミュ)を作り、風呂に入り寝るつもりが仕事人を見ながらパウルの絵を描きこんでいる内に今この時間です。

ホントに1週間全く寝る以外に休まないんですが体は妙に疲れません・・・・指は赤くなりジンジンですが・・・やはり疲れているんでしょうか?  実際

投稿: 退会したユーザー | 2013年2月17日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209971/56729804

この記事へのトラックバック一覧です: 見ても分からんから言われても解らん?:

« エンジン振動による心労作業! | トップページ | こうすれば分かります ・チェンジ・話もチェンジ! »