« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ギヤ画像 やっぱ上手く行かん!

Img_5239  これがプライマリーキックのギヤです、人に頼んで溶接盛ってもらい正月休みの間にヤスリでガリガリやって形を揃えたんですが一寸やり過ぎたと

この時すでに想いました、上手くね~

Img_5242 見事に適当ですいません!

これで中央付近が一番出来が悪くて相手側との嵌合が上手く行かないんですね、山がかち合うと言う事はピストンが動かん。

本来キックして戻りの動作が半分辺りで止まるのでフットペダル付近からキックしないとイカンのですわ・・・・

と言う事で他が良くてもエンジンがかからない!

まずエンジンをかけると言う鉄則がこれでは出来ず・・・・・・

勤め先に出入りの業者に投げ掛けると同じもの或いは組み立ててギヤ部位を留めるものどちらにしても一品ものだし5万位はと目の球が飛び出る様なお話・・・最近視力が落ちてどの道メガネは必要なんですが・・・・・・

でもさっきBMWの部品表みたら\45000位だったからそれから考えても\50000なら安いのかも熊木歯車製作所さんはどの位でやって頂けるだろうか???  (2月1日追文)

まあ兎に角いつもの悪代官と商人の話が始まりまして・・・・

この際暫く休んでお絵描きでもした方が良いかと思いまずはスズキのGTあたりからやって見ようと想いもしたがそれよりも出来る所のハンドル周りとかタイヤを16インチの物に替えるとか・・・・

なにかギヤ部位の汎用出来そうなものがないものか夜なべでキックギヤの検索を始めるバカでした。

PS:もしかしてなんとなくだけどセイバーのキックそのまま使えるのかしら?Mr:ツェンダップのHPで検索してみよう。(2月1日 追文)

A200s_08_09 Zundapp200s57 外見似てるけど中身違いますのやQR社としては丸正自動車を見て2匹目のドジョウとやらを狙ったんでしょうか?

ちなみにこの中身みたら違うんですねキッペダル。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

 チェーンの選択と取り付け

004 オークションで一番安い428のチエーンを購入、428は一昨年バラバラ部品状態で入手の時に1個だけギヤにオイルと一緒に付着してきた1つのコマから判断した。

チエーンカッタ―が無いので買おうと思ったけどクリップジョイントタイプだったのでいらない部分をグラインダーで削り落してクリップで留めました。

006 最近、切断と加締めの可能なセットのものが¥8000程で売られているが購入は今回は先送りした。

こんな事ばかりやってるといつかは必要になるだろうが・・・

005 現状で1コマまだ多いです今日はもう止めました。

次回です。

 所で1コマと言うのは勘違いしやすく左の8の字1つを取るとチエーンがつながらないんですね。

8の字と言うかラッカセイ2つ取って漸く前後が繋がります。

帯に短したすきに長し。  (追文2月1日)

それに現在は17インチのタイヤブロックパターン(1969辺りのCD?CL)が付けられているがやはりタイヤがスイングアームに近く不安がある。

もう1台の部品取りのCD125(1966)から16インチの前後を移植した方が良いかも知れん、17インチではタイヤが大きくそれだけでもう調整域が少ないのです。

もっともこれで道走る様になるのは不明だし叶ってもまだ相当先だし、調整する程走るのかって?

17インチの方はCDに付ければいい。

冒頭の画像でわかる様にキックペダルからのギヤが欠けた為に業者さんいお願いして溶接を盛って貰った。

ヤスリとグラインダーで形を作ったけど上手く動くかどうか?

007  付けたり外したりヤスリかけたりを6回ほど繰り返しビビビ小屋に照明を灯して作業を継続し6時位には完了。

自分なりに漸く納得する動きをプライマリーキックで確認出来ました、ギヤの順番も下の様に体で解りました。

キックしてシリンダーの中でピストンが動き、圧縮が有りその動きに不安はなく又スプリングの力でキックが上に戻り。

後はキャブレターの破損品を直し、ハンドルの左右のスイッチ類をこの際片付けて、ペンキ缶で自作の点滴セットで普通にエンジン掛ける所までやれば後はいつでも出来る事ばかり・・・金が有れば・・・・

全国自治宝くじを2000円も買ってしまった。

ギヤの方だけど・・・・・・・・・・・・・・・・

①ロ―/ニュートラル/②セカンド/③サード/④トップ

カタログとか雑誌に在ったけどそれよりも1段1段入れて手でタイヤ回したりして確認した方が体感で解ってくるから忘れない。

この車両はニュートラルランプが無いと雑誌で紹介されていたけどその後に改良されたのか以前も考えた様にやはりニュートラルの配線もある。

今回のラチェットギヤと言うのか?ガリガリやったりしたのを画像で撮って有ったけどどこに消えたか?

見つけたら又載せますが、どこに入り込んでいるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QUEEN ROCKET 200Rのカタログ

そう言えば最近QRのカタログ2つがオークションに出て1つは125CC、そしてもう1つが200Rだった訳で・・・

125の方が結構、値が上がったと記憶している。

そのカタログの撮影場所だが、リアの女性を乗せてキャップをかぶった男性の姿何だが、昔の浜松の鍛治町辺りの風景が頭をよぎる。

落せなくても画像は拝借してある、こんなのです。

200Rの方は競合者が少なくてなんとか手頃な値段で落札出来ました。

Maxamxyz39img600x4501258335050nbtxl

 色々調べるとこの車両の商用型が有ってライト形状は四角です。

125のエンジンはガスデン製だったか?ホダカだったか?

200はホダカだけど・・・

そんでもって200Rのカタログの方は一部ですが(B4のスキャナーが無いのよ、家に)

Qr1 この側と反対側の写真があるのですが R200の手を出してから今回のカタログほど細部が鮮明なものは他に見た事がない。

これは初期の物と違いセル付きの改良型でエンジンマウント(エンジンを吊っている金具の付いた代物です)

Qr2  エンジン側面のコンタクトポイントカバーが面白いですね+可愛い作りです。

一応説明文が横に載ってますが見えんでしょうかね?

BATTが2つありますがライラックのLSなんかも2つありどうして1つで済ませないのか?(済ませれない理由が当時は有ったのでしょうけど・・・)

レギュレーターとかアマル表示のキャブとかいいですね。

他にはやはり当時の工場の直ぐ近くにあったボーリング場の脇での写真とかが雑誌広告にあります。

遠州鉄道という市電の八幡駅付近から西を見た時に見えた景色が有りました。

buildingその付近から急に街になるものですから子供の頃は電車に乗る時はこの辺りからそわそわしたんですね、終点も近づいて降りる準備もしています。

八幡には今ヤマハの大きな工場があります。

私のおもちゃの捨てられた200Rは初期型でツンダップの影響を受けて居りますのでこのカタログの物より古い形となります。

MC別冊のなつかしバイク画像を見てもそうですがステップとかもなんか違います。

もちろんステップ辺りの金物も1部を残して破棄されてしまいましたのでなんとなくこんな風ではと言う取り付けを今はしてあります。

何処かに実車の完品が有れば1度お目にかかりたいけどどうだろうか?

125の方は2度程、検索で発見した事が有りますが・・・・

チェーンなんかも一応正月に台湾製のチエーンを買い前後のずれとかを確認している最中ですが割と真っすぐです。(車輪はCD125多分1969年あたりかしら)

この間キックしたけど寒さのせいか入れたOILが濃すぎるのか上手く掛ってくれませんでした。

この景気じゃ無理も出来ないけど考える時間は沢山あるし少しづつ又前進という所か?

アメリカのジェームスさんから早く直せ!とお話もあり・・・・辛い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »