« 一時的に漏れは止まりしたが、タンク不都合を発見! | トップページ | 資料は続くよ間を開けて! »

見付けた[クインロケット200R資料]

 昔のMC誌を見つけて購入しました、表紙はマーチンとか言う車両のものでしたがスキーへ行く準備していてタイヤにはチェーン何かを嵌めてました。

ホントに昔はそれで走ったんでしょうか?

面白い記事では在るバイク屋さんの店先で修理中に頭を抱えていると中年のおじさんがどれどれと手を出し見る間に直して立ち去ったとか後で思うと本田さんだったと言うが本当かい?

当時でも本田社長の顔は相当に売れていると思うけど・・・?

他にも面白い記事が載っていてこれは少しづつでも、もう集めるしかないと思う次第であります。

それで今回の大収穫はなんと200Rの特集でございました。

81230_005

ユニオンU2エンジンの性能や特徴が細かく書かれていて当時の混合ガソリンなものですから当初は1:15慣らしが終われば1:20で良いとか、坂道を下る時や回転が高い時に急にアクセルを戻すとガソリンのみならずオイルを回らず所謂、焼き付きを起こすという注意もありなるほどと思った次第です。

上り坂の場合は強力なローで登るよりはサードやトップでのろのろとアクセルを開けて(常にエンジンにオイルを与え続け)上るべしと言うお話やら後は無負荷での空ぶかしこれは絶対にダメと言う事でございました。

もしも本当に乗れる所まで持って行けたらこの上文内容は肝に銘じておく必要があります、自作のステッカーでもタンクに貼る事としましょう。

何回か書き込みましたが自己車両は事故車両ではなかったか?が色濃く脳裏をかすめるのです、その原因が走行中焼き付きではなかったのかと・・・?

リング作成の時の横溝さんのシリンダー判定でも過去にその形跡ありでしたから。

それが為にヘッドもサイドのカバーなどもなく、車体の片側に凹みがあったりする、それで乗る事も叶わずして放置、それが彼女のお話ではナカッタノカト・・・・

そのくせこの車両初期のこのテスト車ではニュートラルランプがないというのですね?

トップにギヤが噛んだままでエンジン停止でも蹴り上げて行けばニュートラルに戻ると言うのが200Rの特徴でこれが故 中沖氏がOG誌の中で言っていた事かとレバーを手でカチャ、カチャやって今更ながら思う。

ロウ→N→セカンド→サード→トップですが私の所有のものを見ると接点端子がありますので改良されたんでしょうかね?

081228_006 081228_007          先日出した写真ですがスイッチ部有りますから改良をされたに違いがありません。

リングやピストンの内容やパーライト鋳鉄のシリンダーの作りなんかもありました、良く分からんけど耐摩耗性が優れているらしい・・・・・・・・coldsweats01

エンジン性能曲線図です。

81230_007 このエンジンで特に特徴的なのは低速性能が良いという事とマフラーによる消音効果が極めて宜しいという事で甲高い音が抑えられているとの事です。

U2型エンジンの外観はZUNDAPPの200Sと類似しているが性能。内部機構は当時の我が国の道路事情にマッチさせたものとの設計者の弁であります。

もともと良かったZundapp200sのエンジンを改良したと言っていいが中には良く学び取る前に独自技術を入れ込み失敗したメーカーも当時は有ったらしい。

81230_008   ピストンやリングの内容やシリンダーの吸排気の状態が詳しく説明されております。

81230_009 左はクラッチですね、分解しているので私には良く分かりますが細かく寸法があるのは基本を確認する意味で素晴らしい資料です。

81230_010

平出製のマグネトーはFE型で点火時期はTDC30°で高速走行を好む方には34°まで可能らしいです。

それでこの上の画像見れば解りますが配線図もありました、やっと見つけましたがヘッドライトありませんし当然キーBOXもありませんので自作ですがこの配線図の場合テールはヘッドと一緒に働かない見たいですね。

リヤの1部にスイッチがある旧車を見た事がありますがそう言うことなんでしょうか?

私は自作のものはヘッドとテールは連動させましたが・・・・

今の時点では未だ未だ先ですが頭はデイトナのSR砲弾型のもの取り付けようと考えてますが元々6v電装車両ですから12vだと色々難しい所が沢山あります。

オークションなんかでその当時の類似もの出ればいいですが、なかなか出ないし、高いし!

先ずエンジン復活させて河原でも走りその後に方向を決めるでごんす。

その内に車輌自体現れる気がだんだんして来ましたが・・?

今回の資料ですがコピーして2輪史研究会さんに勝手に送り付け決定資料です、2輪史研究会さんの資料にもないと思われる為ですが、他にも今回の資料収集で集めたものにライラックC81なんかもあるので当時のユーザーの生の声とかを残す事にほんのチョツトお手伝いです。

当時の紙はもうカサカサでいつ破れ散ってもおかしくないです、背中のホッチキスも錆びて無くなっていますのでほしい所がポンポン取れます。

cdスキャンしてCDに落とし込みを致す所存でございます。

 runそう言う訳で夏から半年間、駈け足、抜き足、忍び足でお送りいたしました、夢年寄り恋文綴りもいよいよ本年は終了となりました。

当ブログに対し御指示、御教授、意見、物資に協力下された皆皆様に(私にも)来年が幸多い年になる事をお祈りしまして[特に私にdollar]お開きとさせて頂きます。

|

« 一時的に漏れは止まりしたが、タンク不都合を発見! | トップページ | 資料は続くよ間を開けて! »

クインロケット200R」カテゴリの記事

コメント

初めまして
ボロボロのクインロケットを入手しました。
情報交換をしたいと思いますが
宜しければお返事下さい。

ノキア様 送られたアドレスへメールしました
ご確認下さい。

投稿: ノキア | 2016年2月13日 (土) 22時33分

ノキア様 初めまして。

 私などが交換出来る程の情報はないと思いますが・・・最近得た情報は社長さんま存命で浜松の市街地の鍛治町辺りのマンションに居られるそうですがそう言う歴史っぽい話が好きなので
バイクのレストアに関しては遅々として進まず、飲み食い達者で足腰立たずです。

最近オークションで見た気がしますが中々出ないですからねQRは車両はもちろん資料もチラシ程度がしかないですからね。
(今確認しました、何とかなりそうですね、私の物よりずっと完品です)・・・すいません偉そうに。

私のも1、2週間早ければライトケースが無い位でしたが落札者が無く前保有者がオブジェにすると言う事でバラして捨てる
位の時に漸く連絡が付き後はブログの有様です、兎に角フロントとリアのハブが無くエンジンを囲うステーが無かったのは残念
でした。

シートも外されタンクも廃棄、バラしかたがグラインダーでズバズバ切ってのやられ方だったのでホントに痛かったです

QRの資料は諸元表とかが他の車両と共に2輪史研究会さんとかが出してますが詳しい部品図とかでは
ないので私の物の様にバラされたものでなく、完品に近いなら少しづつ解明していけば宜しいと思います(すいません失礼でしたら先に謝ります)。

さて、私はライラック友の会と言うのに1枚噛んでおりますがそこには私と違い経験と知識を持ち合わせた
方が沢山おります、その中に全国的に有名な方が沢山いて

彼らが言うには先ずエンジンを掛けよと言うのが第1番だそうです、バラして掃除してハーネスを作リ直して
エンジンを掛ける、後は追々・・・

もし宜しければ5月の末になると思いますが集会があります、多分長野県への集合となると思いますが
バイクで無くても構いません、顔を出して質問されれば色々と教えて頂けると思いますし情報が有るかも
知れませんし10月には多分浜松の浜名湖周辺となるでしょうがやはり集まりが有ります。

お役に立てず、すいませんが今はこれ位しか出来ません、もし宜しければ適時にご連絡致しますが
どうでしょうか?

興味が有ればこちらまでいつでも良いので返信メールで連絡下さい。

投稿: 夜なべ | 2016年2月14日 (日) 01時26分

すみません。
何度も探しやっと
この返信メール見つけました。
申し訳ありませんでした。
登録しておきましたので宜しくお願いします。
私のはSRの250と思います。
何の資料も無く時折錆びの掃除をしています。
私はクラブ等にも入っていませんので情報が
全くありません。
エコパでクィンロケットを見たと聞きましたので
近くに持ってる人がいるんだ!程度で。。。
ご迷惑でなければ宜しくお願いします。

夜なべ ・・・ノキア様、秋に浜松で集会が有ります、情報は流しますので是非来られて色んなお話をされるのが宜しいと思います。
クラブへの入会とかは本人様の希望なので
2の次、3の次です。
もう10年くらい前ですが125のQRが売られていたと後で聞きました、欲しかったです。

錆取りに飽きたらハーネス確認してエンジンを掛ける様に頑張って下さい。
(すいません、偉そうに・・・)
鍵はありますか?無かったらクラブ員が鍵やさんなのでBOXを外して送れば多分ですが安くつくってくれますよ。

投稿: ノキア | 2016年7月17日 (日) 21時39分

ご返事ありがとうございます。
浜松の集会是非拝見したいです。
旧い物が好きで手当たり次第骨董市などに出没しています。宜しくお願いします。
鍵ももちろんありません。。。
骨董市で地道に探しているのですがさすがに。
お願い出来ると本当に助かります。
それでは宜しくお願い致します。

投稿: ノキア | 2016年7月19日 (火) 00時32分

 骨董品屋さんではなかなか部品はみつからないでしょうねかといって専門店ではバカ高いし。
キーを付けてライトが付いたりウインカー点いたりするだけでもうれしいですよね。
ミーティングの日程が分かり次第ご連絡致します。

投稿: 夜なべ | 2016年7月20日 (水) 17時55分

夜なべ様
ご返事ありがとうございます。
メール交換宜しければお願いします。
最初のメールアドレス間違えてた?
申し訳御座いませんが宜しくお願い致します。

夜なべ ・9月25日 メールが違ったのか
どうなのか送ってみました。

投稿: ノキア | 2016年7月21日 (木) 16時26分

こんばんわ
すみません。まちがえた?消してしまった?
すみませんが再送宜しくお願い致します。

ノキア様すいませんどうも自分にも送れないので設定がおかしいのだと思いますがお伝えしたい事をここに載せます。

以前お伝えした、集会(ライラックの集い)が10月29日に行われます
一応参加費が2000円となっておりますが現場での軽食程度が出る
程度と思ってください。只来てみる位なら払わんでもいいと思います
皆さんそうしてますから。

場所は浜松市西区舘山寺町110-6の何とか言う会館。

懇親会出席者は7000円これは泊りがないだけで帰宅される方。

宿泊は15000円で申込は10月21日締切となるので泊をご希望であれば
このメールに返信下さい。(締め切り後のキャンセルは出来ないそうです)。

宿泊先は 浜名湖舘山寺荘TEL 053ー487-0257

投稿: ノキア | 2016年9月28日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209971/43584181

この記事へのトラックバック一覧です: 見付けた[クインロケット200R資料]:

« 一時的に漏れは止まりしたが、タンク不都合を発見! | トップページ | 資料は続くよ間を開けて! »