« エンジンのフレームからの分離 | トップページ | エアインダクター(空気取り入れ口)部品~配線引き出し »

エンジン(シリンダー分解とカムチェーンの取り付け)

061 なんでこんな風かと言えばあれだよ、その鎖でつないだチェーンが外れ落ちてしまってこうせざる得なかったんですよ。

029 こんな感じでサイドカバーを外します丁度画像の中心左上に切り欠きが確認されますがそれとギヤのO点とを合わせてチェーンを外すそうです。

その位置は下図のフライホイールにあるT点でもある様なのでそれに忠実に合わせたつもりです。030

 良くわかりませんが圧縮なり排気なりの死点でしょうからそれに合わせたつもりなんです。

033 冒頭の画像に至った経緯としてはこの後ミスって線が外れてチェーンを落としたという事なんです。

035 持ち上げますとピストンの頭が見えてきます、カーボンで真黒です。

newmoon

036 こんな感じです、今上死点付近です、このままワイヤーブラシでがりがりやります。

039 吸入側のカーボン真黒に対し排気側のバルブには焼けてカーボンが重なっています。

多少のカーボンの噛み込みもあるようですのでバルブを外して掃除しました。

053 こう言うカーボン落しが結構大変です、良く本に在るようにすり合わせと言うのかガソリン入れて洩らなくなるまでと言う手法でバルブとヘッド双方を清掃しました。

054

バルブですがなんとか言う万力みたいな挟み込みでネジ締める治具で外しました。

049 こんな部品も取ってしまいました、ここまでやった時人の言うハイカムと言うのがようやくおぼろげに判りました。

043

 シリンダーの構成部品を少つ外したり付けたり回したりしながら確認です。

056

付けたり外したりを繰り返してカムチェーンを落として叉ばらして。

060_2 結局こないにしましてん!上の2つはカムチエーンを自動に張る装置。

右下に見えるのはネジ締めによる調整部、次も同じ部位での画像です。

063 こんな風になってます、手で押し下げ致しますと軽く動くのです。

070_2 土曜午後から始めて土曜日夜は疲れで爆睡して日曜に朝早起きして又取りかかります、マニュアルでは画像の部位のナットは袋ですがそうでなかったためカインズで購入して付けかえました。

でも他の車両も確認致しますとどうも途中から全て普通の6角に変わっている様です(コストダウンでしょうネ!)

エンジン下部のOIL汚れを極力取ってあげました、綺麗になると違います。

071_2

 脱落なのか付け忘れか?ステップバーのネジが適当なのが在庫になくて今度忘れないうちにバネ座金をかって付けてみます、振動で落ちた訳ではないと思うのですが・・・・・

074_2  夕刻に漸く完成今度やったらもうわかったから早いぞ!

こう言うカットも良いでしょ!このシートがやはり残念だな~

と思う所に悪魔の仕業がおのれの業か?部品取り格安車がデジカメ画面では欠品特になし。

まあその前に走って今回の成果を確かめよう。076

|

« エンジンのフレームからの分離 | トップページ | エアインダクター(空気取り入れ口)部品~配線引き出し »

cd125 (1966)」カテゴリの記事

コメント

OHCエンジンもお手の物ですね、バルブの汚れやピストンヘッドのカーボンなんか気にすることは無いのです(極論)。

問題はピストンとシリンダーの状態です、傷だらけで圧縮が落ちてるならなにをやっても調子は戻りません。

CD:はっきり言ってそうでしょうね!でも今の状態で70位出ますし当たり前かも知れません・・・CDですから。

オークションのタイの部品なら新品入りますね。
時速50km位が一番無理のない速度でエンジンにも負担が無いようです。

同じ70kmでもCDとR92とガンマでは全然違います。
CDでは限界近付いてます、R92では風を感じて結構いいです・・・がカウルのあるガンマでは全く風を感じずに気が付くと80は出ていますが体感が無いので・・・・

よく行く峠の道の駅までによくドカが走ってますが120とか楽に越えてるでしょうね。


投稿: カタクリ | 2010年5月 4日 (火) 21時23分

おらのCS92も80も出せばもう限界です、しかし絶好調。

そんなもんですよ~ん、特に当時の最高速データは全然あてにならないですから。

投稿: カタクリ | 2010年5月 5日 (水) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209971/46274703

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン(シリンダー分解とカムチェーンの取り付け):

« エンジンのフレームからの分離 | トップページ | エアインダクター(空気取り入れ口)部品~配線引き出し »