« 2015年8月2日 - 2015年8月8日 | トップページ

2015年8月9日 - 2015年8月15日

広告塔夕方編

車両とかいじくりのブログが出来ればいいが前回までであとはいじくる所ないので・・・・リアのべベル辺りをやりますか?coldsweats01

 

それでも少しは関係があるお話をと言う事で」・・・eyeglass

 

S29_2

 
画像は浜松駅の西側にあった丸正広告塔もともとは繊維関係の建物と思われるがこれでも戦後の建築物。

 

何と言っても空襲で辺りは焼け野原だったからですが後ろに写る機関車でわかる様に高架になってはいない(東海道線)事と煙突形状から見てどうもD51らしい(詳しくは分かりませんが・・・)

 

建物当時よく見られた寄棟で写真を写した昭和29年当時は既に丸正の広告塔となっていた。

 

画像で確認は出来ないがトラックによりかかる若者の頭上にはベビーライラックを模った蛍光管があり丁度画像中央の上には多分KDを模ったそれがある。

 

路面はまだ舗装されてない気もするが、これはコンクリートの路面かもしれない。

 

SLの前方には浜松駅のホームがありそれは私の記憶にも残っているがこの広告塔の記憶は無い!子供の頃に弁天島へ電車で行きその帰りにオートバイが空を飛ぶのが見えると聞かされ楽しみにしどこどこ?と車窓から覗いたがその時には既に電気は通ってなかったか或いはリアルなオートバイが屋根の上の空間に飛ぶのを想像したか?絵の記憶にはないが・・・

 

写真を見た時にこの事だったか!と出来事は思いだした。

 

それでも多分幼い時にこの建物の前を近道か何かで親と歩いたりしたのだろうそれが先に出したコンクリ路面では?につながっている。

 

画像検索する内にどうもこの建物の前の線路付近を写したものを見つけたが人のものなので勝手には出来ない、打診して許可貰えればいずれ修正して載せて見たい。

 

著名な学者によると人の記憶と言うのは無くならないものらしくて私的に思うとレコードかCD見たいな(既に古い)頭の中で作っていて何十年経っても針がそこに戻れば又同じ画像や音が出てきてそれらを認識するのではと思う。

 

何とかチェンジャーみたいにそれがバイクならバイク関係が次から次へ出てくるし親戚特集に移れば亡くなった爺さん婆さんが現れて夏の日や冬の日の出来事が再生される。

 

画像の場所でもう一つ思い出すのはなぜかこの線路の向こう(汽車の反対側方向)には行ってはいけないと言われていた事である、それは多分中学生の頃までの記憶の様な気がするが街に行く目当てだった繁華街のデパートとかは通り過ぎた所なので行く理由もなかった。

 

さて建物の壁は煉瓦を積んだものに白いペンキを塗ったもので倉庫であったろう、他の画像からは屋根には嵌め殺しの採光目的のガラス窓がある様だ。

 

150808_105024横の画像の機関車は浜松のフラワーパークに現在展示されているもので昭和12年制もともと浜松の管轄の車両。

 

上の画像が撮られた頃はどうも他県へ移動していたようだがもともと工機部が浜松には有ったので補修点検とかしてたとかしてたとかとか考えられん事も0ではないと思う。

 

興味がある近場の方はどうだろう?この夏休み期間にフラワーパークに来られては?

 

SL好きな方はツーリング・ドライブで天竜浜北方面の二俣付近に別のSLが有ったりなんかして車両をクルクル回す回転軌道みたいのがあるらしいのでそれを見学されても良いでしょう。

 

勿論蜆塚博物館でのライラック号展示9月半ば~10月半ばで都合がつけば9月の内ならフラワーパークは入場料は取りませんが博物館は払わないと入れません。下は催しのパンフレット(蜆塚博物館)

 

150615_0835_001

 

 

 

今この建物(広告塔)を描いていて1枚の下書きはほぼ出来た、これを夜バージョンと汽車を加えたバージョンを描いてみたい。

それで下書き①完成!想像の世界なので太陽の位置とか細かい事は気にしない、女子高生ファンの為に2人ほど書き入れて見た、今にオートバイが光るわよ!と言う瞬間を待っている所位かな?

解る人には解る平成27年現在の高架下の24hours7/11前の場所で最近まで春華堂があった所、奥には松菱も入れといた一応カテゴリ的にバイクも書き入れた(話題のドラゴン)。

Scan002夜バージョンはnight星降る夜にしたい、SLを出すとキャラが強烈なので広告塔が食われるからそこも注意したいがどうでもいい。

その昔trainSLの車窓から眺める景色は浜松のこんな風景が見えていた・・・・浜松の誇りとか・・自慢とか憧れとかだろう・・・・今は懐かしい・・消えて行った毎日の当たり前だろう・・・・・多分eyeglass

今回の絵を描くにあたっては沢山の方の思い出写真とかが非常に有り難かったし子供の頃の色んな思い出が判断するに役立った、アサファルト化する前の浜松を知ってて良かった。

 

続きを読む "広告塔夕方編"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年8月2日 - 2015年8月8日 | トップページ