« 座ったままだと腰が痛いので・・・ | トップページ | ピストンの取り付けから内部構造の確認。 »

 シリンダーを久方ぶりに取り付け。

 シリンダーを久方ぶりに取り付けたが以前は車体についたままの作業(エンジンが)が主だったので今回見たいに卓上に置くと結構楽なのが良く解りました。

多くの方々はどの様にスタッドボルトを外すのか又取り付けるのか良く解りませんが私は・・・・

小型のパイプレンチを使い取り外し/付けをいたします、これの前後の位置の太い部位に一部を○でなく□にすれば他の工具でも回るかな?とも思いますがどうなんでしょう?

トルクをかけすぎるとボルトが痛みそうなので気を遣いますしボルトの鉄に対しエンジン側はアルミですのでネジ穴とか痛みそうだし、OILパンのボルト穴なんかも傷んできてるので今後はOIL抜きは上の穴から吸い出す工具を買ってそれで行った方がよさそう。

150721_211317

今回只ばらしたものを組み付けるのではなく、構造/伝達何かを確認したいと言う気持ちが強いので以前より慎重に組み付けます。

各パッキンシートは自作ですが取り敢えずの組み付けの為に段ボール紙で作ってあります、シールは塗りません。

以前作成したひな形がプラだったんですがこの数年の間に威が無くなりボロボロなのでかえって紙のままか薄いベニヤ板の方がよさそうです、今回はベニヤで作ってみます。

エンジンは結構ヤジロベー的に重心が傾くので下部フレーム取り付けボルトの穴を利用して金物を通して台に留めるのがよさそうです。

更にターンテーブルみたいなのを作りそれに取り付ければ位置確認とか左右へとこちらが

動かなくてもよさそうです。

150720_211257
それにしても周りがゴミだらけでとても仕方がありませんが

扇風機を回しながらの夜間作業です、時の経つのは

早いものでR92入手時に流行っていたスケルトンの扇風機です、これ回しとけば蚊とかは一応平気です。

所で皆さんやりませんか扇風機に向けてキンチョールを

シューっと早く周りに拡散する気がしますが・・・・

まともに食らうのは私だけでしょうか?

あ、そうだ机は隣家との境に2年頑張った塀のなれの果て部材で造った30分ものです。

|

« 座ったままだと腰が痛いので・・・ | トップページ | ピストンの取り付けから内部構造の確認。 »

ライラック(バイク)」カテゴリの記事

コメント

ノミは突ノミがよろしいでしょう、柄が長くて使いやすいのです。

しかしこのような重いエンジンをよく作業台に乗せられましたね、お孫さんを付き合わせてるのですか、夏休みですからね。

ド’別に重たくありません、OIL入ってませんから勤め先の圧検機は私でも持ち上がりません。

投稿: 桜島大噴火 | 2015年7月26日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209971/61944339

この記事へのトラックバック一覧です:  シリンダーを久方ぶりに取り付け。:

« 座ったままだと腰が痛いので・・・ | トップページ | ピストンの取り付けから内部構造の確認。 »